レース展望・予想
■2019年12月18日
地力の違いを見せつけるサノイチ「香林坊ツリーファンタジー特別」(金沢競馬)

2日間連続の変則開催になっている今週の金沢競馬。12月18日(水)メインは第10レースの「香林坊ツリーファンタジー特別」(A2級一組、金沢競馬場1500メートル)になります。

再転入後2連勝中の◎3 サノイチ(牡8、加藤和宏厩舎)が今回も人気の中心になるでしょう。1700メートル戦だった前走は、前半こそ馬群の中で行きたがる素振りを見せ、2コーナーを過ぎたあたりから手綱を緩めるとグングンと加速。3~4コーナーで先団を交わして先頭に立ち、直線に入ってもさらに伸びて、終わってみれば2着以下を3馬身以上引き離す快勝劇でした。直線の叩き合いになった2走前よりは明らかにレースぶりが良くなっており、確実に調子は取り戻してきています。クラスは一つ上がりましたが、A2級に止まったことでメンバー的にはまだ楽で、今回もパワーの違いを見せつけて、来季のA1級での活躍につなげたいところです。

○11 ビップフェリックス(牡4、中川雅之厩舎)は前回のA2級一組で4着に敗れましたが、逃げて3~4コーナーで勝ち馬に交わされる苦しい展開ながらも、直線しぶとく粘って2着争いを演じました。外枠に入った今回は、内枠だった前走のように押し出されて逃げる格好にはならないだけに目標にされる心配はありません。逃げた馬を外からにらんで好位から追走できれば、直線単独で抜け出すチャンスはありそうです。

▲5 ビオラフォーエバー(セン8、加藤和宏厩舎)は、競走除外明けとなった前走も詰め寄って2着と連対を外しませんでした。今回は転入初戦からコンビを組んでいた米倉知騎手がサノイチに騎乗するため、畑中信司騎手に乗り替わりますが、ゴール前で伸びることができれば際どい勝負に持ち込めそうです。

△2 フェリシアルチア(牝5、金田一昌厩舎)は、半年の休み明けとなった前走は勝負どころの3~4コーナーで失速してしまい9着に敗れましたが、転入初戦で1400メートル戦を逃げ切ったスピードから1500メートル戦なら見直しは必要です。レース間隔は空きましたが、追い切りを2本消化して出走態勢は整っており、大幅に馬体重が増えていなければ、先手を奪って逃げる展開が考えられます。

△10 コウエイサムライ(牡7、鋤田誠二厩舎)は中央から転入後2、3着と勝ち切れていませんが、A2級にクラスが下がればチャンスはあります。連闘になりますが、今回も前々でレースを運ぶことができれば粘り込みがありそうです。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 3⇔2・5・10・11(8点)
3連単(フォーメーション) 3→2・5・10・11→2・5・10・11 2・5・10・11→3→2・5・10・11(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。