レース展望・予想
■2020年08月10日
ダービー3着カガノホマレ巻き返しへ「石川門カップ」(金沢競馬)

今週の金沢競馬は月、火曜日の連続開催となります。8月10日(祝・月)のメインカードは、最終第11レースの「石川門カップ」(3歳、金沢競馬場1700メートル)です。金沢デビュー馬による3歳準重賞で、今年はカガノホマレとドンナフォルテの一騎打ちムードが漂います。

◎9 カガノホマレ(牡、菅原欣也厩舎)は、2走前のJRA未勝利交流戦で中央勢を抑え込んで押し切ったスピードから、前走のMRO金賞でも積極的なレース運びが期待されましたが、スタートダッシュがもうひとつで後方からの追走となり、見せ場なく8着に敗れてしまいました。しかし石川ダービーで3着に粘り込んだ内容から、フジヤマブシやハクサンアマゾネスが不在なら、能力は一枚上の存在です。以前よりも続けてレースが使えるようになっているのは体質面が強くなっている証拠で、強敵が見当たらないここでしっかり勝って、自信を取り戻しておきたいところです。

○7 ドンナフォルテ(牝、金田一昌厩舎)は石川ダービーで7着に敗れましたが、その後古馬相手に2連勝して、前走のB2特選でも連勝中の強敵相手に4コーナーを先頭で回って3着と見せ場を作りました。同世代が相手となりますが、リズムを取り戻してきた今の状態なら好勝負できそうです。MRO金賞を使ったカガノホマレに比べるとローテーションは有利で、1700メートル戦も4月に勝利を収めています。逃げるカガノホマレを好位でにらみながらレースを進めることができれば、逆転できるかもしれません。

カガノホマレとドンナフォルテのスピードがやや抜けている感じですが、▲3 シュネルン(牝、高橋俊之厩舎)も2走前に3歳A1を勝つまで成長しています。1700メートル戦は前走も5着と結果が出ていませんが、メンバー的には前走時よりも楽になっています。上位2頭に食い下がっていければ流れ込むチャンスはありそうです。

△2 チョウマイモン(牝、金田一昌厩舎)はノトキリシマ賞で3着まで追い上げています。暑くなってややリズムを崩している感じですが、2着1回と連絡みがある1700メートル戦なら見直しは必要です。

△5 シオジレア(牡、鋤田誠二厩舎)は前走の1700メートル戦でも穴人気となりましたが、7着と末脚不発に終わりました。長くいい脚を使えるタイプで距離は合いそうなだけに、直線勝負で追い上げて、きっかけをつかみたいところです。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単 (フォーメーション) 9・7→9・7・3(4点)
3連単(フォーメーション) 9・7→9・7・3→9・7・3・2・5(12点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。