レース展望・予想
■2020年08月06日
A級3組なら地力上位キクノゼファー「ハイビスカス特別」(名古屋競馬)

8月6日(木)の名古屋競馬メイン第11レースは「ハイビスカス特別」(A級3組、名古屋競馬場1600メートル)。

前走A級2組の2着で、改めて高い地力をアピールした◎2 キクノゼファー(牡5、川西毅厩舎)が中心だ。6月の園田遠征と直後の3組でともに大敗。不安も同居した前走だったが、2番手でしぶとく粘り込んで連対キープ。勝ったのはオープンでも好勝負する人気の快速馬で、付きバテしなかったレース内容は、むしろ評価できた。ロスの少ない内の2枠スタートで有利なポジションからレースが進められる。動いた追い切り内容から依然、好気配がうかがえる。もちろんV候補筆頭だ。

上り詰める勢いある○7 デルマヴァンドーム(牝4、塚田隆男厩舎)のV争いも五分。A級昇級後、3戦すべて連対し、2連勝中と一番の勢いを持つ上り馬。ベストは逃げだが、1枠に同厩舎・同タイプのメモリーパールがいるだけに、控える競馬になりそうだ。

堅実駆けに定評ある▲9 ニシノライリー(牝4、坂口義幸厩舎)も軽視できない。前走3着は強敵中央勢に交じったレベル高い条件交流戦で、持ち前のしぶとさが光っていた。再度流れに乗れば勝ち負けだ。

また最近控える競馬でも馬券貢献できるようになった△1 メモリーパール(牝4、塚田隆男厩舎)だが、全9勝のうち、8勝までが逃げ切り。ロスがなく、先制しやすい絶好の1枠のアドバンテージを生かしたいところ。勝ちパターンに持ち込めば侮れない。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 2⇔1・6・7・9(8点)
3連単(フォーメーション) 2→1・6・7・9→1・6・7・9 1・6・7・9→2→1・6・7・9(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。