レース展望・予想
■2020年08月07日
【LOTO予想】8月7日発走より!(園田競馬)

今週は良馬場でも少しずつ時計が出るようになってきたが、連対脚質自体の変化はあまり見られない。内ラチから1~2頭分外までが多少重たい程度、それより外は軽い馬場状態。先週のようなゲリラ豪雨さえなければ、先行絶対的有利ということはなさそうだ。

8レース〈上位拮抗〉[買い目 10 1]
テイケイリヴェール...前走はスタート出遅れを物ともしない走り振りで楽勝。今回のC2クラスは過去2勝しており、昇級は形だけ。ここもスタートさえ五分なら勝ち負け必至だ。
プリマヴォルタ...以前は道中引っかかる面が出ていたが、最近はその面もマシになり、それにつれて後半の伸びも良くなってきている。前走勝ち時計も優秀、昇級のここでも。

9レース〈一騎打ち〉[買い目 5 3]
ユーキホープ...長くは使えないが、一瞬は切れる脚が使えるタイプ。先行馬が少ない今回のメンバー構成なら理想の好位インにもスンナリ入れそう。久々の好機到来だ。
メイショウオンタケ...出脚の遅さから道中展開にも左右されてしまうが、反応のズブさは近走徐々に解消中。時計的にも引き続きチャンスはありそうだ。

10レース〈軸信頼〉[買い目 9]
ブルベアオンス...先頭に立つとソラを使ってしまう面があり、前走も直線入り口からその面を出してしまった分の負け。抜け出しのタイミングさえ間違えなければ即反撃可能。

11レース〈三つ巴〉[買い目 6 3 8]
マイネルプリサイス...前走はインで終始包まれる形だったが、直線捌けてからは一気の伸び脚で差し切り勝利。先行、差しのどちらにも対応できる器用さは今回でも大きな武器。ここも発馬さえ五分なら。
キクノウェスター...3カ月以上間隔が開いたレースはJRA未勝利戦の1勝のみで、あとはすべて崩れている。叩き良化型を示すそのデータからも、叩き2走目の今回は不気味。
テツ...2走前は短期休養明けが影響してペースアップで置かれる場面があったが、ひと叩きされた前走は素早い反応でV。動きを取り戻した今なら連勝可能だ。

12レース〈本命戦〉[買い目 1]
アイムクリエイター...発馬での甘さは残すが、末のキレは一戦毎に良化中。前走も落ち着いた流れを2角スパートから0秒1差まで迫る負けて強しと言える内容。今度は決める。

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。