レース展望・予想
■2020年08月07日
クラス据え置きテツの連勝濃厚「デイリースポーツオンライン特別」(園田競馬)

7日(金)の園田競馬メイン第11レースに「デイリースポーツオンライン特別」(B1、園田競馬場1400メートル)が行われます。

昇級5戦目となった前走を圧勝した◎8 テツ(牡4、橋本忠明厩舎)にクラス据え置き、大外枠と好条件が揃って連勝の期待です。昨年7月に金沢・MRO金賞を2番手から早め先頭に立って初タイトル、続く高知・西日本ダービーを4着後に休養しました。今年2月の約4カ月半ぶりの実戦となったB2を2着に7馬身差をつけて圧勝。B1昇級後は馬体が絞れずに苦戦しましたが、2、3、5、3着と大きく崩れませんでした。そして、前述した前走では4コーナーで先頭に立ってキクノエスペルトを5馬身ちぎったように成長の跡を見せました。目標は3連勝でオープンA1に昇級して古馬混合の重賞です。今回も主戦の田中学騎手とコンビを組むのは心強いです。

相手筆頭にはマーク策に出そうな○6 マイネルプリサイス(牡4、保利良次厩舎)です。JRA1勝から6月に転入後、3、2着の3走目に3番手追走から逃げたクールフォールを捕まえて園田の初勝利を挙げています。

▲3 キクノウェスター(牡5、田中一巧厩舎)は叩き2走目の変わり身必至です。JRAで2勝、3月のA2では向正面半ば過ぎからロングスパートを決めて勝利しています。約3カ月半ぶりの降級戦だった前走は1番人気に支持されましたが、好位追走も直線で一杯になり7着に沈みました。騎乗停止(2日間)明けの吉村智洋騎手の手綱に注目です。

☆5 クールフォール(牝5、田村彰啓厩舎)は前走に続いてマイペースの逃げで粘り込みを狙います。

展開がもつれると末脚が武器の下原理騎手△2 レオベスト(牡8、織田誠厩舎)が直線で伸びてくるでしょう。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(ボックス) 8・6・3・5(12点)
3連単(1軸流し) 8→6・3・5・2(12点)

(文/大阪日刊スポーツ・池永博省)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。